助産院で出来ること|産婦人科との違いを知ろう

医者

安全な出産専門の施設

夫婦

婦人科との違い

出産を行う時に主に利用するのが産婦人科ですが、中には『助産院』を利用する場合もあります。助産院は、妊娠時専用の医師として、国家資格を持った助産師が分娩や健診を行う病院です。助産院は、基本的に安全な妊娠や分娩の場合に利用します。何故なら、助産師は国家資格ですが、医療技術に関しては行えないようになっています。妊娠時、また分娩時に起きた問題に対して、医療的な処置が行えないのが特徴です。対して、婦人科は月経問題や子宮問題など、女性の悩みを専門的に取り扱っている施設です。勿論、医療行為を行えるため、問題が起きてもすぐに対処する事が出来ます。産科があれば、そちらで分娩を行えるので利用する方が多いと言えます。助産院は、何の問題もなく自然に出産する時に利用する場合が多いです。

総合病院との連携

助産院だけでは、妊娠時の問題や異常に対応出来ない事がありますが、分娩時に問題が起きてしまった場合、対処する事は出来ます。多くの助産院は、総合病院などの設備が整った病院と連携しています。これは、分娩時に起こった問題に対処するためです。助産院で分娩を行う際、異常があった時は連携先の病院に連絡して、搬送出来るようになっています。そこで医療技術を行い、無事に出産する事が可能になります。このように、助産院は安全な分娩時には最適な機関です。仮に問題が起きたとしても、連携している総合病院で対処する事が出来ます。助産院は妊娠から出産まで、助産師が長く付き合うのが特徴です。選ぶ際は信頼出来る助産院を選び、連携先の病院についても確認しておく事が大切です。