助産院で出来ること|産婦人科との違いを知ろう

医者

出産の場所の選び方

ナース

自分に合った分娩方法

妊娠して子供を産むとなった時、産婦人科で出産することも出来ますが助産院で出産することも出来ます。産婦人科では医療のもとで分娩に臨む必要がありますが、助産院では医療に頼らずに自然の力を利用しながら自分が望む分娩方法で出産することが出来ます。助産院は、家庭的な雰囲気で担当の助産師が産前から産後のケアまでをしっかり管理してくれるので心強いサポートが受けられるという点も人気となっています。産婦人科ではそれぞれに担当の看護師がつくため、助産院では産婦人科よりもより親身なケアが受けられると言えます。分娩時には、家族が立ち会えることも多くより自分がリラックスした状態で分娩が出来るため精神的な負担が少ないと言われています。

自然分娩が可能であること

助産院では、原則として産婦人科のように医療行為が行えないためあらゆるリスクを減らすために自然分娩が可能で体に問題がない場合が前提となります。胎児や胎児を包む羊水に問題がなく、逆子や双子などでない場合、持病がなく子宮にも異常がない場合、妊娠経過に問題がない場合など一定の条件をクリアしたうえで助産院での分娩が可能となります。しかし、出産時は何が起きるかわからないため助産院で分娩しても医療行為が必要な場合には提携している産婦人科に移送されることもあるのでいざという時でも安心して分娩に臨むことが出来ます。助産院は、より自分が望む方法で自然の力を利用しながら分娩に臨みたいという人から高い評価を得ています。